お墓参りは命日、お盆、お彼岸 お墓参り代行.com(豆知識)

お墓参り代行.com
  1. お墓参り代行の検索ポータル
  2. お墓参りは命日、お盆、お彼岸
豆知識

いつお墓参りをするの?

お墓参りをする日は特に決まりはありません。毎日行っても良いのです。しかし毎日出来る人はほとんどいません。そこで命日、お盆、お彼岸はお墓参りをしてあげると良いでしょう。

命日とは?

命日は故人が亡くなった日の事を言います。細かく説明すると1年に12回あるのです。亡くなった月と日の事を祥月命日(しょうつきめいにち)。亡くなった日(1月3日の場合は毎月3日)を月忌(がっき)、月命日(つきめいにち)があります。祥月命日の1年に1回は知っていても月忌のような1ヶ月に1回あるのは若い人で知っている人は少ないでしょう。月忌は自宅でお花や好きだった食べ物などをお供えする位で良いでしょう。 1、3、7、13、17、23、25、27、33周忌は特別な日です。どんなに忙しくてもこの時はお墓に足を運び、お墓参り、お墓掃除などをきちんとしましょう。

お盆とは?

旧暦の7月13日から4日間、または8月の13日から4日間の事をいいます。13日に迎え火を焚き先祖の霊を家に迎えます。16日におくり火を焚き送りだします。地域によっては精霊流しや灯篭流しなどがありとても幻想的な雰囲気になります。 この時期は多くの人は里帰りでお墓参りに出かけ、久々の顔ぶれに話も弾み楽しい時間を先祖と過ごせる日だと思います。

お彼岸とは?

春のお彼岸3月18日~24日までの7日間、秋のお彼岸9月20日~26日までの7日間の年に2回行われます。なぜお彼岸と呼ばれるのかというと仏教では生死の境目を海や川と考えています。その向こう岸を彼岸と呼ぶ事からお岸になりました。 お彼岸の春分の日や秋分の日はそれぞれ国民の祝日です。「国民の休日に関する法律」には「先祖を敬い、亡き人を偲ぶ日」とあります。この日は家族そろってお墓参りをして先祖や亡人に敬い感謝しましょう。

命日、お盆、お彼岸は先祖や故人の方だけではなく生きている人間にもとても大切な日です。私達がこの世に生まれ、誰が築いてきた土台で生きてきて、次の人に伝えるのか、この日だけでも考えてみると良いでしょう。


豆知識を知ろう

お墓参りは命日、お盆、お彼岸

手順とルール

持って行くと便利なもの

無駄知識



代行の豆知識を知ろう

こんな人におすすめ

サービス説明

注意する事



掲載について    リンクについて    運営元情報    サイトマップ
Copyright 2013 ohakamairidaiko.com All Rights Reserved.
記載の寄稿文・プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます