スマホを格安SIM会社にしたことに関して

ワイファイ

最初はsoftbank、docomo、そのあとAUに移りました。

乗り換えることが一番安く本体を手に入れる方法だったからです。

 

その後ついに格安SIMが出てきたのでそれに乗り換えました。
まず私はアメリカに住んでいたので、アメリカから帰って来たときに、使っていたノキアのスティックタイプのスマフォを日本で使おうと思いました。
2006年だったので、まだまだSIMカードだけを契約というのは知られてなかった方法でした。

 

docomo、AUでは断られsoftbankでやっと契約ができました。それを2年ほど使った後にAUに乗り換え、乗り換えで商品券を手に入れました。

 

 

正直その3会社は全て料金的にもサービス的にも同じように感じます。
AUを持っていた時は、AUのプリペイドカードなんてものがありましたが、別に使っても使わなくても何のメリットもありませんでした。

 

母がAUなのと今の妻がAUだったので安くできるという点だけですが、実際そんなに電話をしないので、あまりメリットとは言えませんでした。

 

 

AUでのメリットといえば安心、AUの各種サービスが使えるなどでしょうが、どちらも私は感じられませんでした。
逆にデメリットは高いかったです。

 

その後イオンモバイルに入会しました。
AUのiphoneはSIMロックがかかってたので使えなかったのですが、ASUSのSIMフリーの携帯を持ってるのでそれにイオンモバイルのSIMを入れて使ってます。

 

メリットはとにかく安い。
店舗もあるので、もし何かあった場合誰かに直接相談できる。
最低利用期間も設けてなく、ナンバーポータビリティであれば180日です。
それ以外だといつでも辞めれるという安心感があります。

 

 

契約したら2年間辞められないなんて、今まではその方法でしか携帯電話を持つことができなかったのでしょうがなかったですが、これからはやっと消費者がスマフォのキャリアを選ぶことができる時代になったなと思います。

 

格安SIMのデメリットはなかなか難しいですが、強いてい言えば、店舗がなかったりして、電話かメールでの対応しかなかったりする。
それで安心感が少なくなるかなと思いますが、通常いつもメールで会話することが多いので、私にとってはそんなにデメリットに感じませんでした。

ページの先頭へ戻る