Alibaba

ワイファイ

オンライン・マーケット (www.alibaba.com、china.alibaba.com、www.alibaba.co.jp)を運営しており、240余りの国家と地域にて5340万以上の会員を保有する。

 

Alibaba国際サイトは、世界貿易B2Bのオンライン・マーケットプレイス。製品を持った企業(サプライヤー)と製品を仕入れたい企業(バイヤー)が取引先を求めて利用するマッチングサイト。

 

製品を持った企業がAlibaba.com上に自社のページを持ち、製品を掲載することで、世界のバイヤーへ自社製品を紹介、新たな取引先を世界中から探すことができる。

 

もしくは、広告媒体、マーケティングツールとして活用することが可能。

 

世界中の企業と情報交流を行うことで、世界に対してマーケティングリサーチを行うことができる。

 

日本向けの中国輸出企業17万以上登録、400万以上の輸出製品をサイトで展示されている。

 

本サイト上での企業間交渉は定型フォームによる中国語⇔日本語の翻訳サービスが提供され、直接サプライヤーとのコンタクトができる。[12][リンク切れ]

 

大手バイヤーにオフライン商談会のサービスも同時提供している。

 

Alibabaの上場で8兆円もの価値を手にしたのが、筆頭株主である日本のソフトバンク。

 

同業他社の価格や製品の品質などの情報を収集することで、自社の製品に反映したり、バイヤーとコミュニケーションを行うことで、新たな製品の開発のための意見を集めることができる。

 

バイヤー企業は掲載されている製品を検索し、仕入れたい製品を見つけた際に、サプライヤー企業へサイト内のチャット機能、電子メールなどを利用して問い合わせを行う。その後、双方での取引交渉を経て、製品を売買する。

 

インターネットを利用することで世界間で企業同士のマッチングができ、商社を通さずに輸出入を行うことができるため、中小企業の世界販路開拓支援を行っているサイト。アクセス数は月間60億PVを超え、そのうちの大多数が中国その他の主要製造国の売り手をサーチし取引を行う世界のバイヤーと輸入業者。Alibaba国際サイトは、240余りの国家と地域から1,492万以上の登録ユーザーを保持している。

 

Alibabaは、アマゾンほど直感的なUIや操作性を追求していない。これは、収益構造の違いによるところもあるが、Alibabaはこうした部分で勝負するのではなく、まず世界中の中国人をターゲットに市場規模の拡大を図るのではないかと言われている。

 

中華人民共和国の情報技術関連企業グループ。

 

1999年の創立以来、同グループは5つの子会社を保有している。

 

1999年3月創業。企業間電子商取引をサポートするマッチングサイト「阿里巴巴(Alibaba.com、Alibaba・コム)」が多くの会員を集め瞬く間に急成長。
以降、電子商取引サイト「淘宝網(Taobao.com)」、検索サイト「Yahoo!中国雅虎」、電子マネーサービス「支付宝 (Alipay)」、ソフトウェア開発会社「阿里軟件 (Alisoft)」(現在はAlibabaドットコムとAlibabaクラウドコンピューティングに合併) などの会社を設立または買収し傘下に収める。
国際的な知名度を高めたのは、2005年に行ったYahoo!中国の買収案件を成立させたことから。

 

創業者はジャック・マー。

 

アメリカ検索サイト大手ヤフーの創業者ジェリー・ヤン、ソフトバンクの孫正義と交流があり、2007年からソフトバンク取締役を務める。

 

2015年から8年契約でFIFAクラブワールドカップの協賛スポンサーに就いている。

 

ページの先頭へ戻る