離れて初めてわかる有難味

速度制限、それは学生達を悩ませる大きな問題

 

月に7GBという使用量は彼らにとっては少なすぎるようで、私の友人達は月の半ばに差し掛かると、よく速度制限で苦しんでいます。

 

ワイファイ

私は普段家でしかネットサーフィンをしないので、速度制限にかかることがありませんでした。

その為友人達が何故、速度制限に引っかかるのか不思議で仕方がありませんでした。

 

 

しかし私も少し前に、その速度制限に直面することになりました。

 

何故なら下宿を始めたからです。

 

 

下宿先にはワイファイがありません。
常に4Gで全てのデータ通信を賄わなければならないのです。
電話も写真の送受信も全てです。

 

 

すると今までは1日に0.1GB使うか使わないかの量だったのが、1日に0.3GBほど使うようになってしまいました。
10日間で3GB、家にいた頃の約三倍の通信量となっていたので驚きました。

 

調べてみると、電話とYouTubeそしてLINEによる写真の保存等でのデータ使用量が大きいことが分かりました。

 

普段何気なく家でしているこれらの作業を、4Gで行うと恐ろしいほどの速度でデータ使用量が跳ね上がっていくのです。

 

私はこの時、ワイファイの有り難さを知りました。
普段何気なく使っている家のワイファイの有難味に気づきました。

 

また、ダウンロード速度が速い、パソコンでネットサーフィンができる、100MB以上のアプリをダウンロードできる、、、等挙げればキリがないほどの多くのメリットに気づいたのです。

 

私は下宿をしていた当時、ワイファイがなかったために、2GBほど追加のデータチャージを毎月行う羽目になりました。
また、毎日残りのデータ量を確認して、節約しながら過ごさなくてはならなくなりました。

 

下宿が終わり実家に帰ってきた今、そんな煩わしい心配事から解放され、のんびり好きなだけネットサーフィンをすることができます。

 

今ではワイファイ無しでは生活できないとまで考えるようになりました。
通信量を気にすることのないストレスフリーな生活を送りたいなら、自宅で使用無制限のワイファイを設置することを推奨します。

ページの先頭へ戻る